何が必要?自営業を始めるにあたって役所への届け出は?

何はともあれ開業届を提出しよう

自営業を始めるのに、特に決まりはありません。商売を始めてお金儲けをしたその時点から開始したと見て問題はないでしょう。会社組織でもないのですから、何も畏まってこの日から開業ということではないのです。自分が働き始めたその日が開業日で問題ありません。
ただ、開業から一ヶ月以内に開業届を役所に提出しなければならないと決められています。一ヶ月は案外短いですから、忘れないように提出をしておきましょう。開業届は非常に簡単な書類ですから、税理士や行政書士の助けを借りなくても自分一人で完成させられます。書き方が分からないときには、直接役所に行って聞いてみるといいでしょう。役所としても今後税金を納めてくれる相手なので、親切に教えてくれるはずです。

青色申告の申請も忘れずにしておくべき

開業届を出すのとほぼ同時に、青色申告の事前申請をしておくべきでしょう。青色申告の事前申請が遅れてしまうと、その年度は白色申告しかできなくなります。青色申告特別控除が使えないのは自営業者にとっては非常に痛いですから、忘れないように提出をしておくべきです。
青色申告の申請は、開業をした日から二ヶ月以内に提出をしなければその年度は無効ということになります。青色申告特別控除が使えないと、税金が十万円近く高くなってしまうこともあります。経済的なダメージになるので、開業届と同じタイミングで出す人が多いです。
ただ、開業届にしても青色申告の申請書にしても、出さなければ罰則があるというものではありませんから下手に焦ることもありません。

© Copyright Keep Taking Control. All Rights Reserved.